為替介入(外国為替平衡操作)というものを知っていますか?日本銀行が介入して新聞、雑誌記事、テレビのニュースグーグルなどの情報で見られた方もいるでしょう。元より為替介入(外国為替平衡操作)というのは我が国では、◯財務大臣が為替相場の安定化を実現させるために実施する方策と見なされています。簡単に言えば、極端な円高や円安の際に財務大臣の指図をもとに日銀が日本円を売り買いすることで為替の相場を安定化させるということです。外国為替平衡操作(為替介入)にはやり方が何通りかあります。1.単独介入・・・政府もしくは日銀が、東京市場で自ら市場に加わって為替介入をする。2.協調介入・・・いくつかの通貨当局が協議のうえで各々の通貨当局のお金を出して同時または引き続いて為替介入(外国為替市場介入)して行く。3.委託介入・・・海外の銀行などへの為替介入(外国為替平衡操作)を任せる。4.逆委託介入・・・日本銀行が異国の通貨当局に成り代わり為替介入を実行する。これらの種類があります。いずれの為替介入も短期に、もしくは引き続いて為替のレートにたくさんの効果を与えることになります。為替介入(外国為替平衡操作)の額はさすが国の誇りをかけて行なうだけにスケールが大きいです。円を例にして説明すると、いつもは数銭ごとに動く円レートが突然かなり変化をするのです。投資家の方であれば一度くらいは体験したと思うのですが今まで含み資産(または含み損)が多くなっている持ち高を保持していたにもかかわらず、保持している持ち高が決済したとの内容の報告がFX業者の人間の発信でメールが届き・・・どれだけ得になったのかな(赤字になったのか)?と思いながら決済状況を見ると、自らが推測していた事とは逆の状態となってしまい驚いてしまったといった事例がありました。外国為替市場介入(為替介入)が実施された場合に多く聞く話です。こういったことから外国為替市場介入(為替介入)が施行されると、為替のトレンドと逆の動きをします。変動する金の幅は大きく変わるため用心しましょう。

Copyright © 2002 www.freereinarts.com All Rights Reserved.