初めて売買する時という局面では第一に準備を手抜きしてはいけません。トレードを始める前であれば、起こる事を客観的に見ることができる余地があります。だけれども、マーケットの中へ踏み込んでしまうと、どう工夫しても受け取り方が偏ったものになる場合があり、真っ当な判断を下せなくなる危険があります。それゆえに自分の頭が合理的な場面で適切に事前準備が大切です。事前準備するためには、とにかく自分だけのストーリー展開を作成する事からスタートする。今後の市場はああだから、豪ドルを勝負するというような、自分だけのシナリオを立てていくのだ。次に大切なのは日足チャートを確認しましょう。それ以前の為替相場の上げ下げを確認して、現時点の値段をチェックします。そうすれば、「今はだいぶ高い水準になっている」とか、他には「今となっては大勢の人々がエントリーしているからこれから慌てて取引しても遅いな」などと理解できます。もちろんもはや売り(または買い)するが手遅れだなと思ったら、そこはすっぱりと割り切ることが不可欠です。どうあがいても自分の筋書きを押し通して、取引すると、外国為替相場に押し返されてしまいそれどころか損失を被ることになるリスクがあります。とは言うものの多くの場合では事前に準備している自らの筋書きを作っていれば取引が遅いなというケースにはならないでしょう。たぶん、現実に市場が上げ下げする前の状態のはずだからです。次は、とりあえず自分が注文しようと考えている外貨ポジションの変化を正確に見る事が肝心。仮に円安になると推測する筋書きを書いたのであれば該当する通貨の推移に注目する必要があります。マーケットの動きを注目し始めたときでは、まだまだはっきりと推移する雰囲気を見せることはなく多少の変動を繰り返しているだけだろう。しかし、その上下動をしっかりと気をつけていると、あるところで確実に、円安の方向へと推移し始めます。そこでやっとドル買いの注文をします。おおむね、念入りに準備をやっておけばそのエントリーで利益を上げる可能性はぐっと大きくなるはずです。

Copyright © 2002 www.freereinarts.com All Rights Reserved.