どこにでもある初心者向けの外為取引の情報では「損失が生じた場面ではナンピンをすることによって、ポジションの価格を小さくする」と述べられていたりしますが現実的にはここにはかなり大きな隠れたリスクがあると思います。まずは、ナンピン買いの原理についてごく簡単に記述しておきます。仮定として1ドル100円でドルを買ったとします。$買いですから円安ドル高になればなるほど黒字を得られますが、逆に1ドル=95円までドル安方向に進んだとします。このままの状態で所有し続けたら、損がなくなるまでには、マイナス分円安ドル高に動かなければなりません。みんな、マイナスは早急に無くしたいと願います。これを解決するためはじめに買ったのと同じ分のドルを、1ドル95円で買います。すると、ポジションのコストは97円50銭まで安くする事が出来ます。結果として、半分の幅で円安ドル高が進むと、赤字を失くすことが出来ます。これが、ナンピン買いのやり方です。このとおり、ナンピン買いの理屈を耳にすると「その通り」と考えたりするが、市場はそう簡単に問屋を卸してくれない。元々、1ドル95円が下値だということなど、誰にも予想できません。もし、マーケットがかなり強いドル安動向であるならば1ドル=95円ではとどまらず更に一段のドル安が進むリスクが高いです。たとえば、1ドル=97.50円でナンピンをした時に1ドル95円まで円高ドル安に向ったら、ナンピン買いした分にも損失が生じてしまいます。そういう状況では一番初めにエントリーしたドルとトータルで、更なるマイナスを被ることになる。この通り、ナンピンは厄介です。それでは、相場があなたのストーリー展開とは反対の方向に行ってしまった場合、どういう対応で危険を軽減すればいいのだろうか。そういう時には選べる方法は2つ。ひとつは執着しないでポジションを閉じる事です。もうひとつの方法としては、今現在、あなたが所持しているポジションを縮小することでもう一回マーケットがリカバリするのを黙って待ち望む事だけです。だいぶ大人しい方法だと思う人もいると思います。しかしながら、自分の持っている買いポジションに損失が生まれた時、最も危険の少ないやり方はこれ以外にはありません。ロジックのうえでは、ナンピン買いをするという対策もあると思います。けれどもナンピン買いは、損をしている状態にもかかわらずポジションを縮小するどころか、遂に買いポジションを積み増していく手段です。この対策では、危機を回避することなど、どう頑張っても可能ではないと考えたほうがいいです。ナンピンを続ける事ができればいずれは勝てるかもしれません。だが、それ以前に投資資金は不足してしまいます。

Copyright © 2002 www.freereinarts.com All Rights Reserved.