「スプレッド」とは外国為替証拠金取引は通貨を売買して差益を得る投資です。主婦キャッシング

売買の値は、変動しています。ライザップ 天神店

これがマーケットです。中折れ 改善

テレビのニュースをみていると、ドルやユーロの為替相場のニュースが流れる時があります。マカex

よく見るのが「今のドル相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。ライザップ 六本木店

これは80円50銭から80円52銭の幅の中で買ったり売ったりされているという訳ではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭であることを表現しています。FAVORIX

別の表現をするとトレードには買値と売値の2個の値段が存在する事を示しています。

売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と示しているFX取引会社もあります。

売値の方が買値よりも安く設定されています。

あなたが買うときには高く、売るときには安くなっています。

この差分をスプレッドといい、FX取引会社の儲けのひとつとされています。

スプレッドの狭さはFX会社によって異なります。

スプレッド幅はみなさんにとって費用になるので狭いFX業者をセレクトするほうが有利です。

ただし、同じFX業者でも場合によってスプレッドは変動します。

例えば通常は円とドルの組合せでたった1銭のスプレッドの狭さとは言っても為替の上下動が大きいケースでは1銭よりも大きくなったりするのです。

そのため、スプレッドが小さいのと同じくらい、変化しないということが大事です。

固定したスプレッドの差を見せるFX業者もあります。

現実にFX取引会社の取引画面でレートをチェックしなければ見分けられないのでわずらわしいですがとても重要なことです。

大切な資金を預けて売り買いをするのですから、リアルな取引の前に、関心がある業者の取引するための口座開設をいくつもして、提示されているスプレッドの狭さを実感しましょう。

同じ通貨のペアでもその場面での為替のボラティリティによって、外貨のスプレッドの差は変化します。

いつもはインターバンク相場で売買高が多い通貨ではスプレッドの幅が狭くそれ以外の通貨ペアではスプレッド幅が広がるのが一般的です。

Copyright © 2002 www.freereinarts.com All Rights Reserved.