ホワイトニングの持続効果

税理士になるなら、早めの決断が必要なのかも

税理士っていうと、公認会計士とかと並んで、超難関の資格っていうイメージでした。心配でしたら大田区 税理士←ここから確認

 

 

知人の一人が、今年税理士事務所に転職して、実務を経験しながら資格取得を目指そうとしていますが、
その勉強時間が一科目でも何百時間、とかいう話を聞いて、働きながらその勉強時間って、一日何時間勉強しないといけないんだろう、って思います。
しかもそれが、五科目合格しないとなれないんだそうです。心配なら税理士 事業承継で検索!

 

本当に、目指そうとするだけでもすごいと思いますね。心配ですか?大田区 記帳代行こちらで!

 

 

でも、知人いわく、どうやら大学でそういう勉強をして、卒業と同時に資格がもらえることもあるみたいなんですよね。まずは税理士 相続ならこちら

 

詳しいことはまだ調べていませんが、おそらく大学のカリキュラムが、税理士試験内容と同じ、ということなんでしょうか。
だから、その知人の働いているところの社長は、税理士資格は持っているけれど、実務経験はほぼゼロだそうなんですよね。

 

これって、どうなんでしょうね。

 

同じ事務所では、税理士の資格は持っていないけど、それに該当するくらいの経験と知識を備えた人が何人か働いているみたいです。
でも所長は資格は持っているけど、実務としては、その人たちの足元にも及ばないんだそうです。

 

まぁ、社長だからそれでもいいのかもしれませんが、でも資格を持っているか持っていないかで、年収には大きく関係してきます。

 

だから大学進学、あるいはそれよりもっと前に、自分の進路というものは決めておかないといけないんだなぁ、と話を聞いて思いました。気になった方は税理士 開業をご覧ください