ホワイトニングの持続効果

おかしいと思ったら矯正歯科へ

あごがガリガリいうようになったので中学生の頃から大和市 矯正歯科に通っていました。何でも、顎変形症だとかいう病気で顎関節症よりひどく矯正と手術が必要でした。通っていたところから有名な矯正歯科を紹介してもらいました。やはり有名だったためかいつも患者さんが多かったです。
しかし、手術はすぐ出来なかったため高校生の時に本格的に金属の矯正器具をつけないといけなくなり、年頃の私には嫌で仕方ありませんでした。
あごの骨の長さが違うということで、適正な歯の並びや位置にもっていってから手術するのですが、そのために3年程かかり高校卒業後に手術をしました。先生はポピュラーな手術だから大丈夫と言ってくれましたが、不安でした。

 

無事手術も終わって、私のあとに手術した人も同じ手術だったと看護士さんが教えてくれました。本当にポピュラーだったんだ、と思い驚きましたが最近の子は固いものを噛まなくなった等が原因であごの発達が良くないみたいで、その為多いそうです。

 

保険もききましたし、歯並びも噛み合わせも良くなったので今となっては若いうちに矯正しておいて良かったと思っています。